トップ]  [ゲーム紹介]  [ストーリー]  [ゲーム画面]  [動作環境詳細]  [ダウンロード]  [謝辞

ストーリー


バラの季節過ぎたる今にして、
初めて知る、バラのつぼみの何たるかを。
遅れ咲きの茎に輝けるただ一輪、
千紫万紅をつぐないて余れり。

─── Johann Wolfgang von Goethe


背景

…私が「子羊たちの休暇」として綴った、ある夏のお姉さまとの思い出話がある。

これは、その思い出話の中には書かれていない、本当の物語。



祥子さまの別荘に滞在している私たちを、由乃さん・令さまの黄薔薇姉妹と、志摩子さん・乃梨子ちゃんの白薔薇姉妹が、思いがけず訪問してきた。

その夕方のことだ。

『別荘の裏の森の奥に、棄てられた古い教会がある』という話を祥子さまから聞いて、志摩子さんと乃梨子ちゃんが、「少し見学してきます、すぐ戻りますから」と言って出かけていった。

そろそろ暗くなるから、と言ってお姉さまは止めたのだけど、明日はすぐに発たなければならないから、ちょっと見るだけ…と。


1時間経っても戻ってこない二人を、心配だから、と、令さまと祥子さまが追って出て行った。

そのお姉さま方が出てからまた1時間…。二人とも、戻ってこない。


お姉さまの別荘に最後に残ったのは、由乃さんと私。

「分からない?祐巳さん。つまり、これは祥子さまが仕掛けたドッキリなのよ。そのターゲットがわたしたち、ってわけ。」

と由乃さん。

「えー!そ、そうなのかなぁ…?」

私は半信半疑だったのだけど、由乃さんは自分の推理に絶対の自信があるみたいだった。

「令ちゃんたら自分が幽霊怖いくせに…。逆に驚かしてやるんだから!」

いそいそと出かける準備をする由乃さん。

「誰か帰ってくるかもしれないから、祐巳さんは留守番お願いね!」



…。

そして日は暮れて、もう夜…。

由乃さんも…、戻ってこなかった。



ゲーム内での展開

消えたお姉さまたちを探し、祐巳は「森の道」(ステージ1)→「教会」(ステージ2)→「???」(ステージ3)を進んでいきます。

しかし、それを阻むかのように、次々と立ちはだかる山百合会のメンバー。


果たして、祐巳は祥子お姉さまと再会することができるのでしょうか。


森の道を進みます

教会の中には…




トップ]  [ゲーム紹介]  [ストーリー]  [ゲーム画面]  [動作環境詳細]  [ダウンロード]  [謝辞